ピックアップ!!

現在、アマゾンでキャンペーン中です!!
Kindle本最大70%OFF

勉強時間を公開!1級電気工事施工管理技士 第一次検定(旧:学科試験)

1級電気工事施工管理技士 勉強時間 第一次検定



独学で、1級電気工事施工管理技士(1級 電気工事施工管理技術検定) の第一次検定(旧:学科試験)に9割を得点し、一発合格した時の勉強時間を公開してます!

1級電気工事施工管理技士 勉強時間

一般的な勉強時間

約100時間~300時間

一般的に言われている勉強時間です。

実務経験が必要なので、それなりの知識をもって挑まれる方が多いと思いますが、

電験や1種電気工事士を得点して間もない方

そのまま第一次検定に覚えている内容が有効に使えるので、必然的に勉強時間が短くなりますので、約100時間を目安にすればよいと思います。

2級電気工事施工管理技士得点から5年以上、初学者の方

100時間では厳しいと思います。

思い出すのに時間がかかったり、一から勉強することも多々ありますので、200時間~300時間を目安にすればよいと思います。

ただし、一発合格した勉強方法でもお伝えしているように、過去問を徹底的に勉強することで、

広い勉強範囲を効率よく勉強できるため、それ以上の勉強時間は不要と思います。

私の勉強時間

独学で勉強した時間は、

合計で92時間です!

ちなみに、私が持っている法務に関係する資格は、

電験1種ですが、1種だからと言って特別なことはありません。使う知識は、電験3種と同じです。

また、1種電気工事士も所有していますが、いずれも得点してから8年以上も経過している為、大部分は忘れていました。

そんなレベルで約100時間かかりました。

結果は、54/60点の90%得点しての一発合格でした。

私の勉強期間

勉強期間は、約3か月です。

以下のように勉強しました。

  • 試験日の3か月前から勉強開始
  • 平日1~2時間
  • 休日勉強一切無し
  • 試験1週間前は、総復習で1日3時間

自分の勉強時間を予測する方法

一発合格した勉強方法でもお伝えしているように、1級セコカンは、過去問を徹底的に勉強するだけで合格できます。

ですから、

過去問題集を何時間勉強するか=勉強時間

になってきます。

それをどうやって予測するかというと、

これから勉強する過去問を購入して、一度だけ一通り解いてみます。

  1. 結構わかるし、できる
  2. 忘れてるだけで、思い出したらわかる感じ
  3. まったく分からない

どの状態か確認しましょう!

1番目2番目であれば、100時間ほど
3番目であれば、300時間必要かもしれないと思って、すぐにでも勉強を始めましょう

3番目の方は、セコカンの申し込みは1月末ごろからなので、試験の約5か月前です。

いずれ買う過去問なのでさっさと購入して準備を始めましょう!

おすすめの過去問と参考書は、こちらで紹介しています。

1級電気工事施工管理技士 おすすめ 過去問 参考書

勉強方法は?

こちらで勉強方法の詳細を紹介していますので、参照してみてください。

要約して紹介すると、

  • 過去問を徹底的に繰り返し勉強する
  • 分からないところは、スマホやパソコン、手持ちの参考書で調べる
  • 分野ごとに勉強し、整理しておく

です。

1級電気工事施工管理技士 勉強方法 第一次検定

おすすめの参考書と過去問は?

アマゾンや書店に行くと、沢山の種類が売っていてどれが良いのか分からないと思います。

合わない書籍で勉強すると、効率が悪く、時間を無駄にしてしまい、結果不合格になる可能性があるので、最適な書籍を購入しましょう。

こちらのページでは、一発合格した時に使用したおすすめの過去問や参考書を公開してます!

ぜひ、参考にしてみてください。

1級電気工事施工管理技士 おすすめ 過去問 参考書

関連コンテンツユニット